JSLintオプション考察「a browser」

2013年06月14日

カテゴリー:

JSLintのオプショングループ「Assume」ではJavaScriptの動作環境を定義します。
今回はその中の「a browser」についてです。

このオプションを true にしておくと、DOMやwindowオブジェクトのようなブラウザを前提としたホストオブジェクトを定義済みとみなします。
デフォルトは false となりますので、ブラウザでの動作を前提としたコードの場合は true にしておいた方が良いでしょう。

function func() {
    "use strict";
    window.alert("foo"); //'window' was used before it was defined.
}

func();

このオプションがデフォルト(false)の場合、上記のコードでは「‘window’ was used before it was defined.」(=「window」という変数が未定義、もしくは定義される前に使用されている)という警告が出ます。

このオプションを false にしたまま、上記のコードをパスさせるには、JSLintのグローバル変数定義欄(Optionsの下の方にある)に「window」と入力しておく必要があります。

JSLintのオプション一覧ページへ